研究室紹介

核酸・蛋白質科学研究室

生物の存続に不可欠な「遺伝子相同組換え」と「プログラム細胞死」の分子機構を研究しています

核酸・蛋白質科学研究室(B)核酸・蛋白質科学研究室(A)生命は、周囲の環境に適応するために、絶えず遺伝子レベルで再編と修復を行っています。また、細胞レベルでは、個体を存続させるために、特定の細胞が死のプログラムを作動させ、自己消滅しています。私たちは、「遺伝子相同組換え」や「プログラム細胞死」等の機能を分子レベルで理解するために生化学的、分子生物学的な手法を用いて先進的な研究を行っています。これらの基礎研究を通じて、生命の神秘の一端を解き明かし、医療、食品、環境など、様々な分野への応用を目指しています。

 

生命工学研究室

バイオテクノロジーの大切な基礎、微生物の共生を研究しています

 

生命工学微生物は自然環境における様々な生命活動の担い手です。その生態は実は複雑に絡み合っていて、人間はまだそのほんの一部しか取り出せていません。私たちは微生物がおりなす多様な共生系に注目し、分子レベルでの先進的な研究を行っています。これによって、純粋培養を前提とするこれまでの技術では見いだせなかった微生物の新しい能力が明らかになるとともに、環境との調和が強く求められるこれからのバイオテクノロジーに重要な基礎が築かれると期待しています。

 

分子微生物学研究室

微生物の能力を利用した次世代エネルギーの開発や環境浄化・保全を研究しています

 

分子微生物微生物は、生命の祖先であり、地球上最大のバイオマスと多様性を含む生物群です。地球上のいたるところに存在し、例えば、高温環境、強酸性、アルカリ性の環境、あるいは有機溶媒中などの他の生命体にとって過酷な環境下でも生存できることが知られています。私達は、この微生物のすばらしい能力を世界最先端のバイオテクノロジー技術を利用して解析し、その能力の仕組みを明らかにし、それを次世代エネルギー開発、省エネルギー技術の開発などの新しい産業に応用することを目指しています。

 

分子微生物  lodo_thumbnail

植物細胞学研究室

遺伝子や染色体から植物の多様性と進化を考えます

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA植物は動物に比べて、多種多様な代謝系が発達しています。これらの代謝系は植物の生存に必要不可欠なもので、植物の進化の過程で多様化してきました。これらの代謝に関わる遺伝子の解析や染色体(ゲノム)の分析を行って、植物の多様性のしくみを研究しています。そして得られた成果をバイオテクノロジーに展開して、人間活動や地球環境の向上に役立てたいと考えています。

生体分子学研究室

植物に含まれる多様な成分の秘密を探ります

 

生体分子植物には、種類ごとに非常に多様な化学物質(植物成分)が含まれています。私たちは移動手段を持たない植物が自らの生存にその成分をどのように役立てているかを調べたり、植物が必要に応じて成分をつくり分ける巧妙な仕組みを明らかにしています。また、モデル植物であるミヤコグサやシロイヌナズナのゲノム構造を比較して、多様な成分をつくるために遺伝子がどのように進化してきたのかを調べています。

動物生体機構学研究室

「細胞の運命がどのように制御されているか」を明らかにすることを目指しています

 

動物生体機構学私たちの体は、約60兆個の細胞からできていると考えられています。しかし、その始まりは、たった1個の細胞(受精卵)であり、長い時間をかけて発生し、その過程でそれぞれの細胞が特殊な働きをもつことによって形づくられます。私たちの研究室では、細胞がどのような仕組みで特殊な働きをもち、組織や器官をつくるのか明らかにしたいと考えています。また、組織や器官が損傷するとそれを構成する細胞にどのような変化が起こり、再生するかについて分子レベルで理解することを目指しています。

細胞機能調節学研究室

細胞膜を透過するタンパク質を用い、細胞の機能を自在に操ります

 

細胞機能調節写真タンパク質療法に使われるインスリンや成長ホルモン、抗体などは、血中のタンパク質です。これで治療できるのは一部の病態です。細胞内のタンパク質を自由に調節できれば、多くの細胞機能が調節可能となり、もっとたくさんの病気を治せるはずです。本研究では細胞外から細胞内に侵入可能な細胞膜透過性高機能タンパク質(分解耐性保持等)の開発を試みています。この研究を通じ、難治性疾患(癌やアレルギー等)の医薬品や遺伝的に安全な細胞分化系の開発(iPS細胞、肝細胞、Treg細胞、成熟白血球等)に関わる基礎研究を行います。

生理機能科学研究室

免疫や神経について高等生物の生理学的な研究を行っています

 

生理機能科学微生物の感染から私たちヒトを防御する免疫系の原型は、脊椎動物の中で最も原始的な生物である軟骨魚類(サメやエイ)にあると考えられています。そこで未だ不明な部分が多いヒト免疫系の基礎を明らかにする目的で、軟骨魚の免疫系を特に生理学的な観点より調べています。ヒトの外部を認知する感覚神経には、視覚、聴覚、嗅覚など様々なものがあります。私たちは、特に味覚細胞に興味を持ち、パッチクランプ法や免疫染色などの最新の技術を使って研究を進めています。

学科事務室

 

学科事務室事務室では学科の運営に関する事務処理を行うとともに、学生実験のサポート、講義の補助など様々なことを行っています。